私たちからの2つの提案

肌を守るのに必要な成分を徹底追及

肌を守るのに必要な成分を徹底追及

皮膚バリアを正常に機能させる環境をつくるのに必要なことを考えて、 7種類のハーブエキスを配合。

img_barrier
肌の一番上、角質を含む表皮は、角質細胞がレンガのように積み重なり、その隙間をセラミドなどの角質細胞間脂質や天然保湿因子が満たしている構造です。この構造が、異物の表皮から侵入を防ぎ、肌にある水分の蒸発も防止しています。

この2つの保湿因子が不足すると、細胞同士のつながりが弱まり、角質細胞の並びが不規則になります。その際できた隙間から水分が出て行ってしまい、角質細胞を蓄えておく水分も減少するため、肌のバリア機能が低下します。

ストレスを沢山抱えてしまうと、外的刺激に対向できなくなり肌バリア機能が低下します。
女性は特に、女性ホルモンのバランスも乱れてしまうので、こういった生活環境の変化が、肌に影響が出やすい傾向があります。
仕事やプライベートのしわ寄せで、肌悩みが現れることで、現代女性の約7割が自身の肌に何らかのトラブルを感じているのです。

心身の疲労に加え、乾燥や汗などの刺激を受けることによって、うるおいを守る「皮膚のバリア」が弱くなっています。

皮膚バリア機能が低下すると、皮膚に異物が侵入してきます。また、肌にある水分は蒸発しやすくなります。結果、下着や衣類のスレ、体を洗うときの摩擦、紫外線など、外部からの刺激を受けやすい状態になってします。

そうして、かゆみや赤み、ブツブツなどの炎症が起こるのです。

そこで、皮膚バリアを正常に機能させる環境をつくることにより水分の蒸発を防ぎつつ、角質細胞及びに細胞間脂質(セラミド)の水分量を増加させる必要があります。

厳選された7つハーブエキス

カツミレ花エキス

14330587 - chamomiles in glass on white background

ハーブティに使われる代表的な植物のひとつで、カモミールティーは安眠を促す効果があることでよく知られています。西欧では太古より消炎や発汗に効果のある薬草として重宝されたカモミール。古代エジプトにおいては、太陽神ラーにささげる花としても使われたそうです。

ツボ草エキス

11512544 - fresh herbal thankuni leaves

ツボ草は別名タイガーバームとも呼ばれ、野生のトラが怪我をしたときにツボクサの茂みに体をこすって傷を治したことから、その薬効が伝わったとの言い伝えがあります。アーユルヴェーダでは「最も重要な若返りのハーブ」と言われるほか、霊性の高い植物として瞑想用の薫香としても利用されていました。

カンゾウ根エキス

38771385 - licorice roots close up on the white

甘草は古くから東洋でも西洋でも薬用植物として、根およびストロンと呼ばれる茎の部分が用いられてきました。マメ科の多年草で、生薬として利用する場合、根を乾燥させたものを用います。西洋の医療史に甘草が登場するのは、「ヒポクラテス全集」がその初めだといわれています。

茶葉エキス

39713074 - japanese green tea first flush leaves isolated on white background

チャ葉エキスとは、ツバキ科ツバキ属の常緑大低木「チャノキ(茶の木)」の葉から抽出されるエキスのこと。チャの木は元来は日本に自生しておらず、留学僧や遣唐使らが中国から製茶・喫茶の文化とともにお茶の種子を持ち帰ったのが由来だと言われています。花言葉は「純愛」。

イタドリ根エキス

34773225 - japanese knotweed, fallopia japonica

イタドリとは東アジア原産のタデ科の植物。たくさんの節がある多年草で、道ばたや土手などに生えている植物です。若葉を揉んで擦り傷などで出血した個所に当てると多少ながら止血効果があり、痛みも和らぐとされる。これが「イタドリ」という和名の由来でもあります。

ローズマリー葉エキス

39590504 - rosemary

ローズマリーという名前は、ラテン語で海のしずくを意味する「ロス・マリヌス」から来ており、これはよく海岸沿岸に自生していることと花の色が青いことが由来です。ローズマリーは“聖なる植物”として宗教儀式には必要とされ、結婚式ではローズマリーの枝で新郎新婦を祝福、葬儀では棺の上にローズマリーが使われていました。

オウゴン根エキス

28849860_s_オウゴン根

黄金花と書いてコガネバナと呼ばれる多年草で黄金のような黄色の花が咲くように思われやすいが,実際は紫紅色の花が咲きます。多くの漢方薬に用いられており、オウゴン根エキスはその根から抽出したエキスになります。その名は断面が鮮やかな黄褐色をしていることに由来します。

コンセプト

赤みカユミに悩む全ての人に優しいマルチウォッシュを。
日本人の持つ繊細肌を研究し、「メイデニア」は生まれました。

お茶の葉、ローズマリー、カミツレなどの植物から、自然が持つ力を最大に引き出せるように成分抽出。

泡で出てくる液体石鹸なので、手にとった瞬間からふわふわのキメ細かな泡立ち。肌を傷つける心配もカバーしました。

これ一本でボディやフェイスはもちろん、髪やデリケートゾーンにも使える、マルチウォッシュです。
もちろん、目に入ってもしみにくいほどに低刺激設計なのでお子さんにもお使いいただけます。

購入はこちらから

ページ上部へ戻る