私たちからの2つの提案

乾燥肌、敏感肌を考えたやさしい成分

乾燥肌、敏感肌を考えたやさしい成分

水分量の増加しやすい環境をつくり、乾燥肌防止を目指すのに必要なことを考えて、 3種類のハーブエキスと3種類の海藻エキスを配合。

img_hoshitsu_1
img_hoshitsu_2

細胞間脂質と天然保湿因子による水分量の増加しやすい環境をつくる。
2つの保湿因子(細胞間脂質、天然保湿因子NMF)が不足すると、細胞同士のつながりが弱まり、角質細胞の並びが不規則になる。その際できた隙間から水分が出て行ってしまい、角質細胞を蓄えておく水分も減少するため、肌は乾燥し肌のバリア機能が弱まります。

そこで、皮膜をつくることにより水分の蒸発を防ぎつつ、角質細胞及びに細胞間脂質(セラミド)の水分量を増加させる必要があります。

肌のバリア機能を正常に働かせる環境をつくることにより水分の蒸発を防ぎつつ、角質細胞及びに細胞間脂質(セラミド)の水分量を増加させことを目指します。

3種類のハーブ

キク花エキス

50282518 - edible chrysanthemum

菊花とは、古くから漢方の一種として利用されてきた、食用菊の頭上花を乾燥させたもののことをいいます。菊の名前は、「窮まる(きわまる)」がその語源となり、「一年の最後に咲く花」という意味であるともいわれます。中国の古典である「神農本草経」には「久しく服用すれば血気を利し、身を軽くし、天年を述べる」とされているそうです。

ローヤルゼリーエキス

ローヤルゼリー

生まれたときは同じ幼虫の働き蜂と女王蜂ですが、働き蜂がハチミツや花粉を食べて成長するのに対し、女王蜂は「ローヤルゼリー」だけを食べて成長します。ローヤルゼリーエキスは栄養価がきわめて高くタンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質などをバランスよく含んでいます。

オクラ果実エキス

13807690 - okra

英名 okra の語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkrama から。実のネバネバの正体はペクチン、ムチンなどで、低タンパク質やアミノ酸を多く含み、保水、肌質改善剤として使用させる成分です。花言葉は恋の病・恋によって身が細る。その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれています。

4種類の海藻エキス

紅藻エキス

14584631 - flat spiny red marine algae isolated on white

紅藻は文字通り赤色をしている藻で、テングサ、オゴノリ、トサカノリ、キリンサイなどがあります。抽出した海藻エキスには、水溶性高分子、ミネラルを豊富に含みます。

褐藻エキス

35254795 - various algae and brown algae, baltic sea near rgen, germany

褐藻とはその名の通り、褐色の藻類植物のことです。ワカメやコンブ、ヒジキやアカモクをはじめ褐藻類に属するヒバマタ属、コンブ属など褐藻植物に含まれます。褐藻エキス(フコイダン)とは、この特有のぬめりの成分として得られるエキスです。糖類や高分子、水溶性ミネラルを含まれます。

緑藻エキス

12053536 - green sea algae isolated on white background

緑藻エキスに豊富に含まれているミネラルは皮膚の再生に必要な栄養素です。皮膚の再生には水が必要になり、周囲の水分をひきよせる性質があるが特徴で細胞を活性化させ、ハリのある肌にします。

赤みカユミに悩む全ての人に優しいマルチウォッシュを。

日本人の持つ繊細肌を研究し、「メイデニア」は生まれました。

菊花、オクラ実などの植物から自然が持つ力を最大に引き出せるように成分抽出。

贅沢成分ローヤルゼリーなどで、ヒアルロン酸産出環境を目指します。

肌が本来持つうるおい貯蓄パワーをサポートし、さらに皮ふ表面のバリア機能を強化することで水分が逃げることを防止します。

皮ふのポロポロからあなたを守る盾となりたい。バスルームにはこれ一本!穏やかなバスタイムをお過ごしください。

購入はこちらから

ページ上部へ戻る